スマホ情報局

スマホのお得情報やMNP関連情報を発信しています

*

【朗報】第1弾「イオンスマホ」利用者への優待措置

   


 

20140913-aeon

2014.9.5にイオンスマホ第3弾が発売されました。今度はLTEに対応し2GBまで通信できて、月額1,782円(税込み)と格安SIMとセットです。イオンスマホ第3弾は、本体34,473円しますが、分割払いをすることで、毎月税込み3218円で済ませることが出来ます。

 

イオンスマホ第3弾

img-main01

ALCATEL ONETOUCH IDOL 2 Sは、5インチ液晶(1280×720)で、薄さ7.45mmのいまどきのスマホです。CPU性能は少し劣りますが、普通に使う分には問題ないスペックです。NFCを搭載しているのでサービスが整えば、Apple Payのようなことも可能になると思われます。

申し込みはイオン店頭か、ネットショッピングでどうぞ。

詳しくはこちら

 

第1弾「Nexus4」購入者に朗報

Nexus4は本体+SIM(IIJmio)のセットで税込み3,218円と、第3弾と同額です。第1弾では、LTEに対応しておらず、通信速度も200kbpsと非常に遅いものです。

今回イオンスマホでは、優遇措置として、SIMの交換プログラムを発表しています。

プラン内容:
①「b-mobile SIMスマホ電話SIMフリーData(通信事業者:日本通信株式会社)」から番号そのまま(※1)でビッグローブ株式会社の【「BIGLOBE LTE・3G」ライトSプラン】及び【BIGLOBE 音声通話スタートプラン】へのお乗換え頂けます。

②お乗換えに伴う「BIGLOBEはじめまセット」3,000円(税抜)は無償にてご提供致します。

IIJmioの解約料3,000円と、切り替え月に転出元と転出先の両方の料金はかかりますが、以後、2GBの通信がほぼ同額で可能になります。

第1弾のSIMは、月額 1706円。3G対応で1GBまでの通信量の第2弾なら、月額1,728円です。

 

Nexus4でLTE

設定変更により、Nexus4でもLTE通信が可能とのことなので、LTE対応で2GBまでの通信量 の第3弾でもいいかもしれません。こちらは月額2,597円です。ちょっと高くなりますが…。

 

ちなみに、イオンスマホは解約料がかからないので、炒らなくなったら辞められるのはメリットです。

 

 

 

 

 


 - 契約情報 , ,

ad

ad

  関連記事

ワイモバイルの新しいAPN設定をAsus Zenfone5で試してみた結果 #Android #iPhone

  ワイモバイルのAPN設定は、SIM単品発売に合わせて、新しいAPN …

ソフトバンクがフォトTVや体組成計を売る理由

    2014年3月の携帯電話契約数、ソフトバンクが65万 …

auの白ロムを活用できるMVNO、mineoがサービス開始

  関西のケイ・オプティコムは、新たにモバイル音声通話・データ通信サー …

ドコモオンラインショップ割に加わったGALAXY S4 SC-04Eを10,000円で買ってみた

  ドコモオンラインショップ割は、大変お得なドコモオンラインショップの …

ドコモデータプランの維持費削減に「mopera U シンプル」提供

  データ通信向けインターネット接続サービス「mopera U」の新料 …

auで3回線目の契約には利用者登録が必要

  auでは2回線までは無条件で契約が可能です。 しかし、3回線目以上 …