スマホ情報局

スマホのお得情報やMNP関連情報を発信しています

*

ドコモのB弾(2 in 1)の総合判定は1年以上必要

   


 

new070522_00-6

ドコモのFOMA(ガラケー)に付与できる、ツーインワンは、MNP弾にするには、非常にコストが安くオススメです。
ただし、ブラック判定が厳しく、1回使ったらもうダメとか、2回までOKとか、実しやかにささやかれていますので、確かめてきました。

Bナンバー弾

FOMAは再安値でタイプSS バリュー934円か、タイプシンプルバリューの743円で維持できる、極めて優秀なプランです。
さらにFOMAプランは、追加契約料なし(同一名義オプション適用時)に、番号を追加できる「ツーインワン」という特殊な契約があります。

img_illust

本来の目的は、昼と夜で携帯番号を使い分けるたりするものですが、当然、その筋の方々は、そんなのどうでも良いわけで、MNPの弾に使いたいのです。

「タイプ2in1(同一名義オプション)」を選ぶことで月額800円(税別)で維持でき、更に解約料は不要になります。
ただし、MNPする際、90日以内の転出には、5,000円の手数料がかかりますので、最低90日は寝かして転出しましょう。これなら通常の手数料(2,000円)で済みます。

 

ブラックリスト入り基準は?

ドコモでは、画一的な「ブラックリスト」は支払い不履行などの包括的な「NG」を除き、個別に判断基準があります。
・音声契約(直前の契約から3ヶ月、回線数制限)
・データ契約(同上、回線数制限)
・Bナンバー契約(短期解約)

今回はBナンバーですが、さまざまなウワサがささやかれていました。
年に1回は許されるとか、2回目までOKで3回目はNGなどです。

 

チャレンジ!

今回、以下の条件で契約に望みました。

・2014年5月5日 Bナンバー契約
・2014年6月14日 auに転出
・2014年8月24日 ワイモバイルに転出
・2015年3月31日 ドコモに転出

つまり、Bナンバー契約から、440日たっており、Bナンバー転出から401日たってます。1年以上たってて条件はクリアできてそうです。

で、本日、ドコモショップに出向き、Bナンバー契約を申し出たところ、、

 

預託金8万円で契約可能です

 

と優しい言葉が、、。えっ? はちまんえん??? 通常の預託金(5万円)より高いやん!!

お客様は、Bナンバー契約の短期解約が理由で、、(あっ!)理由は申し上げられませんが、預託金が必要となっております

って、あんた言っちゃったじゃん、、、。

ということで、Bナンバーを短期解約すると、1年経っても「オマエのことは忘れねー」な事がわかりました。

次は2年経ったらどうか? 来年検証したいと思います。

 

 

 

 


 - 契約情報 , , , , ,

ad

ad

  関連記事

総務省「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」に沿った 端末購入補助の適正化に係る携帯電話事業者への行政指導・報告徴求 #実質0円

  一括0円販売を規制しただけでなく、実質0円も規制してきました。 「 …

イオンスマホ第4弾は富士通製の低価格スマホで

イオンスマホの通信制限量拡大のニュースとの連動はまだ不明ですが、国産スマホの安心 …

【メモ】ワイモバイル「のりかえサポート」が契約期間を延長!12ヶ月以内で20,000円の契約解除料に

以前から導入済みの、ワイモバイル「のりかえサポート」ですが、2015年4月15日 …

総務省がモバイルサービスの新ガイドライン案を発表!意見募集中です!

  総務省は、「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針(案)」の …

KDDI、2014年11月4日より4G LTEタブレット向け「LTEデータプリペイド」の提供を開始

  プリペイド方式で手軽にタブレットが利用できる新料金サービス「LTE …

ドコモの一括、機種変更が盛り上がっている(特にL-01F)

  先日の「ドコモ:ご愛顧割に新機種追加」の記事以来、各ショップでドコ …