スマホ情報局

スマホのお得情報やMNP関連情報を発信しています

*

ドコモ:新料金限定特別割引で、Galaxy J SC-02Fを2台激安で入手

      2014/08/10


 

new_plan_waribiki_D

すでにドコモのカケホーダイ、パケホーダイに契約している人なら、激安でGalaxy J が入手できます。

ドコモオンラインストア

 

 

20140809103753

ってことで2台購入。一度購入すると、3ヶ月間は優待が有りませんので注意は必要です。

 

20140809103906

DCMX GOLDカード に入ってるので、5000円のクーポン券があり、19440円から割引され、14040円で入手できました。

ちなみに、現在のドナドナ相場は、27,000円くらいなので、1台当たり7000円ほど差分が出ます。

 

追記:

ドナドナ完了です。時系列で以下の感じ。

8/7 深夜:オンラインショップで「ぽちっ」とな
8/9 10:00 宅急便到着、動作確認
8/9 15:00 秋葉原に出発
8/9 16:00 ドナドナ完了

手元にあったのは僅か6時間…。

 

採算性:

現在ドコモの所有回線では、カケホーダイを組んでます。単価は高く、1回線あたり平均6,800円です。2年間で163,200円も払っています。MNPの販売奨励金が最大で85,000円くらい(XPERIA Z2)ですので、通信原価は差し引き約78,000円ですね。月額3,200円が適正価格といえますね。

月額6,800X24ヶ月=163,200円
MNP奨励金▲85,000円 = 78,000円
月額換算 ÷ 24 = 3,200円(税込み)

ということはつまり、ドコモを長期保有している人は、2年で85,000円も「損」しているわけですから、元を取る必要があります。今回の新料金限定特別割引では、約60,000円のサポートがついたので、もう1回実施すれば(最短3ヶ月はあける必要あり)元は取れる計算です。

新料金限定特別割引が、夏、冬の年2回実施されいれば、2年で4回のチャンスはありそうですね。2年間で4回ですから、 60,000×4 = 240,000円のサポートがうけられ、ドナドナ差分が7,000×4=28,000円ですね。

163,200円支払って、バックが28,000円ですから、やっぱり通信費は高いですね….。

 

 

 

 


 - 契約情報 , , ,

ad

ad

  関連記事

ワイモバイルの新しいAPN設定をAsus Zenfone5で試してみた結果 #Android #iPhone

  ワイモバイルのAPN設定は、SIM単品発売に合わせて、新しいAPN …

KDDI、2014年11月4日より4G LTEタブレット向け「LTEデータプリペイド」の提供を開始

  プリペイド方式で手軽にタブレットが利用できる新料金サービス「LTE …

閣議決定したクーリングオフ制度により、高額な契約解除料が発生する恐れ #初期契約解除制度

  総務省から、第189回国会(常会)提出法案が開示され、スマホ・ケー …

Androidケータイが一括3000円 #MNP #AQUOSK #SHF31 複数台でCB有り

  Androidケータイが安いですね。 【#au】4/2 二つ折でL …

auがLTEフラットスタート割(i)廃止を決定。iPhone買うなら6月中に! 7月からはデータ1GB増量キャンペーンを開始します。

  このキャンペーンの裏で、ひっそりと「LTEフラットスタート割(i) …

【イオンスマホ】本体15,120円の格安スマホgeaneeで、月額1,350円で運用する

  5インチ液晶と、そこそこ性能の良いCPUを搭載した、オススメ機種が …