スマホ情報局

スマホのお得情報やMNP関連情報を発信しています

*

安定した通信速度を誇るNifMoのデータ通信プランを増量してみた。 #キャンペーンもやってます

   


 

もともとMVNOとして安いほうのNifMoですが、今回の料金改定で業界最安値になったようです。

他社と違い、1GBプランなどがないため、一見高めな印象がありますが、よく使う3GBで900円は、業界最安値をうたうイオンモバイルとほぼ同じ(2GB 780円、4GB 980円)ですから、侮れません。

ただし、1日に使用できる高速通信量が制限されているので、注意が必要です。(今回、7GB,13GBプランはその制限も拡大されました)。
もともとNifMoは、サービス開始直後から段階的に制限を緩和してきました。それだけ体感速度の低下を招かないように全体最適に気を配ってきたといえます。

7GBプランでいうと(そもそも5GBプランでしたが)
・サービス開始直後 800MB/3日間
・2015年7月 1.1GB/3日間
・2016年9月 1.1GB/1日間
・2017年2月 1.5GB/1日間

当初は結構制限にひっかかってましたが最近はほぼ制限されることはなくなりました。
youtubeで360pで1時間試聴して200MB程度だと思うので、5時間以上動画見ないと制限にひっかかりませんからね、、まぁ実用上問題ないと思います。

ちなみにNifMoでは、昼休み時間帯とか混む時間帯でも、余り速度低下を感じません。安定している印象です。

 

7GBプランに変更

今回の増量を機に、2か月連続で1GBプレゼントキャンペーンもやってるので、7GBにプラン変更してみました。
7GBで1600円ですが、ドコモなら5GBですら6500円(+SPモードで6800円)しますからね。4倍もの差がありますから、安いです。

NifMoは、イオンモバイルと違い、ちゃんとWEBから申し込みができますよ。

会員サポートページから、データ通信プランの変更をクリック。

 

変更するプランを選びます。

 

確定して終了。

あとは翌月の変更を待つだけです。

 

プラン変更を申し込むと、おかわりできない。

おかわりは、先ほどの会員ページから申し込みできます。

しかしプラン変更手続き中(つまり月末いっぱいまで)は追加ができないんです。
データ量に不足を感じたので、プラン変更を申し込んだわけで、当然「データ容量」を使い切ってる可能性もあると思うのですが、手続き中は変更ができないのは盲点でした。

ちなみに、会員ページからプラン変更の申し込みをキャンセルできるので、いったんキャンセルして、おかわりして、またプラン変更を申し込むことで対処可能です。

 

バースト転送機能

いつのまにか、NifMoがバースト転送機能を取り入れてました。
確認してみると2016年11月24日から導入済みで、速度制限中であっても、150KBまでは高速通信が可能です。
このページで約104KBですから、大抵のページでは高速通信で収まると思います。

NifMoは高速通信をオフにする設定がないので、こういった機能があるのは嬉しいですね。

次は是非、高速通信オフ機能を作ってください! NifMoさん!

 
 

本ページ限定の1.1GBプランもあります。

 
 
 


 - 契約情報 , , , , ,

ad

ad

  関連記事

ソフトバンク:プリペイドケータイ「301Z」を実質980円で販売

    ZTE社製のフィーチャーフォンが、ソフトバンクから発 …

Y!mobileのPHSからY!mobileのスマートフォンへ無料で機種変更

    先日のPHSからのMNP転出防止施策に続き、PHSの …

ドコモ:新料金限定特別割引で、Galaxy J SC-02Fを2台激安で入手

  すでにドコモのカケホーダイ、パケホーダイに契約している人なら、激安 …

KDDI、2014年11月4日より4G LTEタブレット向け「LTEデータプリペイド」の提供を開始

  プリペイド方式で手軽にタブレットが利用できる新料金サービス「LTE …

プリモバイル105SHを格安で仕込む

  ヤマダ電機でソフトバンクのプリモバイルが本体0円で販売中でしたので …

ワイモバイルの新しいAPN設定をAsus Zenfone5で試してみた結果 #Android #iPhone

  ワイモバイルのAPN設定は、SIM単品発売に合わせて、新しいAPN …