スマホ情報局

スマホのお得情報やMNP関連情報を発信しています

*

ソフトバンクがフォトTVや体組成計を売る理由

      2014/04/17


 

mzl_fwhtkpuy-thumbnail2

 

2014年3月の携帯電話契約数、ソフトバンクが65万件の純増を獲得して首位に

電気通信事業者協会(TCA)は4月7日、2014年3月末日時点での携帯電話・PHSの契約数をとりまとめて発表した。新規契約から解約を差し引いた純増数では、ソフトバンクモバイルが2か月ぶりの首位。2位はNTTドコモ、3位はKDDI(au)という結果になった。

ということで、ソフトバンクさんが頑張ったわけですが、内訳をみるとカラクリが分かります。

グループ 純増数 累計
NTTドコモ 515,500 63,105,200
KDDI(au) 494,600 40,522,000
ソフトバンクモバイル 649,500 35,924,800
携帯電話総計 1,659,700 139,552,000

ループ 純増数のうち
プリペイド契約 通信モジュール
NTTドコモ -1,400 6,400
KDDI(au) -2,100 43,200
ソフトバンクモバイル -12,500 159,400

殆ど通信モジュールで稼いでますね。
これを抜くと、ドコモ、auに抜かれて、3位に転落です。

もう、無料だろうがなんだろうが、配りまくるしかない訳ですね。

元記事はこちら

 

携帯電話純増数の月次公表を取りやめに、ソフトバンクが一方的に通達

とはいえ、収益が悪化の一途をたどりますので、月次発表を辞めて、政策を緩和したいわけですね。

携帯各社が公表する純増数には、通信モジュールやMVNO(仮想移動体通信事業者)などの契約分が含まれており、競争状況を把握するための指標として「純増数の比較は意味がない」との指摘も多いわけで、月次発表がなくなることで、より「ごまかせる」状態を生み出してしまいますね。

今後は、通信モジュールやMVNOなどの契約分を詳細に開示して欲しですね。

 

元記事はこちら

 

 

 

 


 - 契約情報 ,

ad

ad

  関連記事

閣議決定したクーリングオフ制度により、高額な契約解除料が発生する恐れ #初期契約解除制度

  総務省から、第189回国会(常会)提出法案が開示され、スマホ・ケー …

au新料金「カケホとデジラ」の「データ定額サービス」を値下げ

  auは、iPhone6の発売に合わせて、2014.10.1からデー …

ドコモ:月々サポートの割引条件変更

  購入の機種に応じた月々サポート適用金額を毎月のご利用料金から割引く …

ドコモの端末購入サポートの規定利用期間は実質8か月!

  ドコモは、規定利用期間(開通日の翌月1日から起算して6か月)を超え …

auの白ロムを活用できるMVNO、mineoがサービス開始

  関西のケイ・オプティコムは、新たにモバイル音声通話・データ通信サー …

AppleCare+ for iPhoneがひっそりと約40%の値上げを実施(2015年5月20日より)

  iPhone6へのMNPを狙って、色々調べていたら、いつの間にかA …