スマホ情報局

スマホのお得情報やMNP関連情報を発信しています

*

ソフトバンクがフォトTVや体組成計を売る理由

      2014/04/17


 

mzl_fwhtkpuy-thumbnail2

 

2014年3月の携帯電話契約数、ソフトバンクが65万件の純増を獲得して首位に

電気通信事業者協会(TCA)は4月7日、2014年3月末日時点での携帯電話・PHSの契約数をとりまとめて発表した。新規契約から解約を差し引いた純増数では、ソフトバンクモバイルが2か月ぶりの首位。2位はNTTドコモ、3位はKDDI(au)という結果になった。

ということで、ソフトバンクさんが頑張ったわけですが、内訳をみるとカラクリが分かります。

グループ 純増数 累計
NTTドコモ 515,500 63,105,200
KDDI(au) 494,600 40,522,000
ソフトバンクモバイル 649,500 35,924,800
携帯電話総計 1,659,700 139,552,000

ループ 純増数のうち
プリペイド契約 通信モジュール
NTTドコモ -1,400 6,400
KDDI(au) -2,100 43,200
ソフトバンクモバイル -12,500 159,400

殆ど通信モジュールで稼いでますね。
これを抜くと、ドコモ、auに抜かれて、3位に転落です。

もう、無料だろうがなんだろうが、配りまくるしかない訳ですね。

元記事はこちら

 

携帯電話純増数の月次公表を取りやめに、ソフトバンクが一方的に通達

とはいえ、収益が悪化の一途をたどりますので、月次発表を辞めて、政策を緩和したいわけですね。

携帯各社が公表する純増数には、通信モジュールやMVNO(仮想移動体通信事業者)などの契約分が含まれており、競争状況を把握するための指標として「純増数の比較は意味がない」との指摘も多いわけで、月次発表がなくなることで、より「ごまかせる」状態を生み出してしまいますね。

今後は、通信モジュールやMVNOなどの契約分を詳細に開示して欲しですね。

 

元記事はこちら

 

 

 

 


 - 契約情報 ,

ad

ad

  関連記事

総務省「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン(案)」等に関する意見募集の結果

  総務省が平成28年4月1日から適用される「スマートフォンの端末購入 …

安定した通信速度を誇るNifMoのデータ通信プランを増量してみた。 #キャンペーンもやってます

  もともとMVNOとして安いほうのNifMoですが、今回の料金改定で …

新キャリア「Y!mobile」の格安プランは2,980円から

    とうとうY!mobileが始まります。8/1スタート …

【要注意】スマホの安売り通報制度が開始されました。端末価格よりも割引いたりキャッシュバックすると一般市民により総務省にメールで情報提供されます!

  とうとう強硬手段に出てきました。 端末販売の適正化の取組に係る情報 …

au 「2ギガ盛りキャンペーン」のオトク具合を計算してみた

  auが、受付期間(2015年3月17日(火)~2015年6月30日 …

8月13日から新料金「カケホとデジラ」開始に伴う機種変更おトク割が開始

    キャンペーン期間中に、auスマートフォン/auケータ …