スマホ情報局

スマホのお得情報やMNP関連情報を発信しています

*

総務省「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン(案)」等に関する意見募集の結果

   


 

総務省が平成28年4月1日から適用される「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」について、事前に意見を募集していました。今回その意見と見解が開示されました。

 

 

スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン

soumu

平成28年4月1日から適用されるのは、あくまでも「スマートフォンの端末購入補助の適正化」に関するものであり、料金や契約条件、2年縛りなどについては別途「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」に規定されます。

ここを混同すると論点のズレた意見になる(というのがお役人の見解)ので注意が必要です。

今回開示された意見と見解はこちらから(PDF)

耳が痛い意見に対しては「ご意見については、参考として承る。」で全て無視ですが…。
あとは「Y! mobile(ワイモバイル)」も規制の対象と明言されたので4月から締め付けがキツくなりそうですね。

そもそもは2007年9月に総務省が実施した「端末奨励金を見直す要請」に端を発しています。
それまで「端末は無料」の認識だった国民に「端末は4万円ですよ」と再認識させたため、大幅に市場が冷え込んだわけです。
その市場を活性化させるための苦肉の策が「過度なキャッシュバック」な訳ですが、また総務省はそれを潰しにきました。

総務省は市場を冷え込ませるプロですねぇ、、、。

 

リンク集

スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドラインに関するページはこちら

平成28年4月1日から適用予定のガイドラインはこちらからダウンロードできます。

その他、光サービスとのセット販売などに関するガイドラインは「NTT東西のFTTHアクセスサービス等の卸電気通信役務に係る電気通信事業法の適用に関するガイドライン」に規定されます。

 

 


 - 契約情報 , ,

ad

ad

  関連記事

ドコモが端末購入サポートの規定利用期間を6か月から12か月に変更! 実質14ヶ月のシバリ!

  リーク情報のとおり、2015年4月23日の購入分から、継続契約期間 …

イオンスマホ第4弾は富士通製の低価格スマホで

イオンスマホの通信制限量拡大のニュースとの連動はまだ不明ですが、国産スマホの安心 …

NTTドコモが2年定期契約等の解約金がかからない期間を2ヶ月間に延長!

  NTTドコモは2年定期契約の料金プランや各種割引サービスを解約する …

【悲報】au 4G LTEスマートフォン向け従量制データ通信サービスが2015年11月16日で新規受付終了!

  先日のMNP購入サポート導入に続き、どんどん締め付けを強くしている …

ワイモバイルの新しいAPN設定をAsus Zenfone5で試してみた結果 #Android #iPhone

  ワイモバイルのAPN設定は、SIM単品発売に合わせて、新しいAPN …

auのテザリングの利用が無料に!「テザリングオプション」料金改定。ただしLTEフラットは除く!

  KDDI、沖縄セルラーは2015年6月1日より、スマートフォンをW …